RIGの自慢は寄り添い力

ポイント1
RIGでは子どもたちに常に声をかけます。
学校のこと、成績のこと、家での出来事など、勉強に関係のない
ことも積極的に話しかけます。 子どもたちの話を真剣に聞き、
そして気持ちに触れなければ、一人ひとりに合った最適な指導を
行うことはできません。
また、信頼関係がなければ、私たちの考えや伝えたいことを
きちんと理解してもらえません。注意するときも、叱るときも、
褒めるときも、指導してゆく上で信頼関係がなければ
子どもたちの心には決して響きません。
RIGでは勉強を指導することだけにとどまらず、
常に相互理解と信頼関係の構築を目指しています。
ポイント2
RIGでは、授業終了後はもちろんのこと、塾が開いている
時間帯であれば、自由に自習室を使うことができます。
授業終了後であれば、事務室に講師が詰めておりますので
質問をすることもできます。
受験生が積極的に利用しているのはもちろんのことですが、
定期テスト前になると1・2年生も自習室を利用して
テスト勉強に取り組んでいます。
ポイント3
 子どもたちの日々の成長は、定期テストの点数や
内申点・模擬テストの点数だけでははかることはできません。
宿題にきちんと取り組んでいるか、日々の学習内容への理解は深まっているのか、授業中は真面目に取り組んでいるのか…など日常の取り組みに対する評価とフィードバックが成長には必要不可欠です。
RIGでは、塾とご家庭との垣根をできる限り取り払い、
塾とご家庭とで連係プレーをとることによって、常に最高の指導を
行えるよう、宿題チェックや小テストの結果・授業内容などを各担当講師が授業毎に作成したものを、1ヶ月単位で配布しております。
さらに、保護者面談を密に行うことで、お子様の成長を促し、見守ります。
ポイント4
 高校入試では内申点が非常に大きなウェイトを占めています。
また、大学入試に於いても指定校推薦などでは評定平均が
物差しになるなど、定期テストは入試の一部になります。
 そこで、RIGでは中学生と高校生を対象にした
定期テスト対策授業を無料で行っております。
また、テスト前の時期には、自習室の利用を促し、
自学自習の習慣が身につくよう指導を行っています。